10種類の中から好きなものが選べる 社交ダンスの種類を知ろう!

10種類の中から好きなものが選べる 社交ダンスの種類を知ろう!
社交ダンスの踊りの種類には大きく分けると二つ、細かく分けると10種目あります。その中にはワルツやタンゴなど有名なものもありますが、スローフォックッストロットやパソドブレ、ジャイブなどは聞いたことも無いという人も少なくないでしょう。そこでこのコラムでは、社交ダンスについて知りたいと思う人に向けて、二つの種類の分け方と、10種類の踊りを解説していこうと思います。

社交ダンスの大きな二つの分け方

社交ダンスは大きくは「スタンダード」と「ラテンアメリカン」の二つに分けられます。ここではその大枠の二つの分け方について説明して行きましょう。

スタンダード

スタンダードには「ワルツ」「タンゴ」「ベニーズワルツ」「スローフォックッストロット」「クイックステップ」の5種類があります。男女が腕を取り合ってホールドした姿勢で踊ることが特徴的です。ラテンアメリカンのダンスより比較的ゆったりした優雅な曲で踊ります。

服装としては女性が長めのドレスで、男性は燕尾服などが主流でとなります。紳士・淑女のイメージを大切にしているからです。

ラテンアメリカン

ラテンアメリカンのダンスには、「チャチャチャ」「サンバ」「ルンバ」「パソドブレ」「ジャイブ」の5種類があります。男女ペアで踊ることはスタンダードと同じですが、男性と女性が離れて踊ることもあります。ただし振り付けによってはアクロバティックな動きもあり、瞬間的にはかなり男女の密着度が上がることもあります。

スタンダードよりは女性はスカートが短めになったり、男性も上半身を少し露出したりするなど、ラテンのワイルドさが特徴です。とはいえ日常のレッスンでそんな衣装を着ることはありませんから、まずは気楽に取り組んでみましょう。

スタンダードの5つのダンス

ワルツ

社交ダンスと言えばこれ、というくらい最もメジャーなダンスです。三拍子で緩やかなスピード感ですので、初心者でも馴染みやすい種目です。くるくると回転する様子が美しく、人気も高いですので、最初に習うことも多いです。

タンゴ

情熱的、スピード感、静と動のコントラストなどの言葉で表現されるダンスです。スタンダード種目の中では激しい動きをしますが、上下の動作がないことから、年齢層が高い人にも踊りやすく、スクール側も早い段階で教える傾向が強いです。感情表現がしやすく誰でも楽しめますので、馴染みやすい人気種目です。

ベニーズワルツ

ワルツと同じ3拍子ですが、スピード的には倍の速さで踊ります。通常は右回転ですが、回転速度の速さで目が回ってしまうことを防ぐために逆回転もあります。ウイーン発祥で優雅さ、美しさから映画のシーンで使われることも多いダンスです。

スローフォックッストロット

ゆっくりと流れるように、なめらかな動きを続けることが特徴のダンスです。名前が長いですので、スローとかスローフォックスなど短く呼ばれる場合もあります。ワルツと似た動きをしますが、回転が少なく、ゆっくりしているだけに難しい面もあります。

クイックステップ

跳ぶ、はねる、走るなど動作が激しいことが特徴のダンスです。動きが多いので陽気で楽しい感じがします。リズムも細かく、足で刻むような感じです。緩急の変化が多いので難易度も高いですが、スタンダードの中ではハッピーさの表現が際立ちます。

ラテンアメリカンの5つのダンス

チャチャチャ

チャチャチャは大人の小粋さがあり、リズミカルで楽しいダンスです。ストップアンドゴーが多く、切れのある素早い動きが要求されます。4拍子のダンスで、ポピュラーなPOPソングが使われることもあり、ラテンアメリカンダンスの中では人気も高いです。

サンバ

ブラジルの明るい太陽を思わせるような陽気なダンスです。他の種目よりヒップの動きは多いですが、社交ダンスではブラジルのカーニバルで見られるほどセクシーな踊り方はありません。曲に打楽器が入って賑やかさもあり、楽しく踊れるので初心者でも憶えやすく、馴染みやすいのが特徴です。ラテンアメリカンの種目ではチャチャチャと並んで人気があります。

ルンバ

ルンバはラテンアメリカンダンスの中では静的な要素が強い、ゆったりしたダンスです。切ない恋をドラマティックに表現する特徴があり、アクロバティックな動作もあります。初心者には難易度が高いですが、大人っぽい魅力を好む人には人気が高い種目です。

パソドブレ

スペインの闘牛をイメージしていますので、命を懸けた勇ましさ、かっこよさを表現します。闘牛士を演じる男性的な表現が際立つ独特の緊張感があるダンスです。曲調が次第にテンポアップしていき、盛り上がりがわかりやすいという特質があり、比較的初心者向けではあります。

ジャイブ

リズムが早く、歩数も多いアメリカンダンスです。足をけり上げる動作、はねるような動作が特徴的で、踊れると楽しくかっこいいものなのですが、かなり難易度も高いです。

まとめ

社交ダンスの種類についてまとめました。10種目もあると今から始めようとする人には大変なイメージを持たれてしまうかもしれません。しかし、全部をマスターしなければならないということはありません。むしろ選択肢が多く、好きな種目を選べる良さもあります。

まずは気に入った種目を一つ二つと身に付けていき、興味があれば他の種目も覚えていくという気構えで、気軽にダンススタジオに入門してみてください。

恵比寿にある「ASダンススタジオ」は、8人の講師がいますので、スタンダード、ラテンアメリカンのどの種目でもコーチすることができます。JR恵比寿駅から徒歩4分とアクセス良好で、体験レッスンもできますので、お気軽にご連絡ください。

  • 体験予約
  • LINE相談
  • メール相談